トイレ交換を自分でやりたい

最近はトイレ交換を自分でする方が増えています。

実は業者にお願いすると出張料金や施工代合わせて10万円から15万円くらいかかってしまうトイレ交換が自分でやるとわずか5万円前後で出来るのです。
その上、新型のトイレですと水道代が従来のものと比べると年間15000円ほどもお安く済みますのですぐに元は取れてしまうはずです。



そのトイレ交換の方法とはまず便器を購入するとところから始まります。

今は通販店などで新型のものを3万円前後で購入できる場合もあり、またホームセンターでも一年落ちなどが格安で売られているのでそういったものを購入する方が多いようです。

そして、いざ交換という場合は説明書やDIYのサイトなどに交換方法が載っているのでそれを参考にします。



まず、用意する工具はモンキーレンチ・スパナ・ドライバー・テープ・水を吸う道具、ほか排水管を交換する場合は塩化ビニール用のボンド、塩ビパイプ、そして忘れてはいけないのがコーキング材です。


用意が出来たらまずは止水をした上でタンクの水を流し、便器の水を吸い上げます。

そこからいよいよタンクをはずし、便座をはずし、フランジと呼ばれる排水用の器具が出てきますのでそこを確認して特に問題がなければそのままコーキングをし便器を乗せる準備をします。



そして、外した順番に便座、タンクを取り付けて終了となるのですが、フランジ部分の劣化などがある場合はまた専門の施工がありますのでDIYサイトなどで確認をすると良いでしょう。